元極度のあがり症だった倉持淳のプロフィール

こんにちは!

倉持です!

 

元極度のあがり症の現役実演販売士の倉持です。

ふざけた顔してるけど倉持ってどんなやつだ?

と気になった方がいると思い(うんきっといる)プロフィールを書きました!

 

スポンサーリンク

小学生時代

とりあえず目立ちたがり屋で落ち着きなくて、いっつもそわそわしてました(笑)

どっちかというとクラスの中心にいるようなタイプで(自分で言うな)学級員とかかっこいい!!

とか思ってやってました。

 

もっちぃ
人前には喜んで出ます!

 

と言う感じでこの頃はまさか自分が極度のあがり症に悩まされるなんて思っていませんでした。

人生ホントに何があるかわからんものだ・・・

 

スポンサーリンク

11年間苦しんだあがり症

小学生までよかったものの中学生になった時からすごく周りの目が気になりはじめました。

思春期真っ只中だったので

「女の子にモテたい!!」

という気持ちがあったのでそれで変にカッコつけてたのかもしれません。

 

そしてサッカーをやっていたのですが、1つ上の先輩にA先輩という怖い先輩がいました。

そしてなぜかそのA先輩に目をつけられた僕はどんなに良いプレーをしても

「倉持何やってんだよ!!ちゃんとやれ!」

と怒鳴られまくってました。

 

最初は

「俺だって頑張ってるわ!」

と思っていたけど、怒鳴られ続けていると

「俺はなんてダメなやつなんだ・・・」

ということでどんどんマイナス思考になっていきました。

 

そのうち試合に出ることさえ嫌になり、

みんなが試合に出たい出たい言っているときに

僕は全然出たくなくて、監督に呼ばれても

「監督ちょっとお腹痛くて出れないです・・・」

とか言ってました。(元からお腹弱いです)(メンタルも弱いです)

 

それからサッカーする時も自分がこうしたいとかではなく

周りの人に迷惑がかからないようなプレー

敗しないように怒られないようなプレーをしていました。

もうホントに叱られるのが怖い。

叱られるのが本当に恐怖でした。

 

そして僕はあがり症になったのはA先輩のせいにしていました。

しかし、それは間違いでした。

化粧品実演販売士の師匠から

「何事も根本原因は自分だ。人のせいにする前にまず自分を反省せい!」

とご指導をいただいて気づくことができました。

 

僕がもっと努力してA先輩よりもサッカーがうまくなって活躍していれば
A先輩がそんなに怒鳴ることもなかったでしょう。

なので結局、あがり症になったのは自分が原因だったのです。

しかし、当時の僕は人のせいばっかりにして自分を反省することができませんでした。

そして人のせいにしているのでさらに苦しみは増しました。

 

 

そんなことをしていると人の顔色が気になり始め、

集団で歩いている時も常に一番後ろにいて全体を確認できていないと不安という境地までいきました。

 

そこから日常生活でも

「俺って人からどう思われているんだろう。
失敗したら笑われるな。
人から嫌われないようにうまくやろう。」

 

と仮面をかぶったような人になりました。

人に嫌われないように生きる

というのが当たり前になり、自分が思ったことがあっても口にしない、

無難に無難に生きるという人になってました。

 

 

 

高校も大学も人前に立つと極度に緊張してしまい、

手も足もガクガク震え、
顔は赤くなり、
喉はカラカラでうまく声が出ず、
伝えたいことも伝えられない。

人前に出ると心臓がばくばくしすぎて口から出ちゃうんじゃないかと思うくらいひどかったです。
(実際に心臓が口から出たことがあります)

(・・・もちろん嘘です)

 

もっちぃ
でもほんとにそれぐらいひどいものでした

 

 

もちろん自分があがり症というのは認めたくなかったし、こんな悩み誰にも相談できないし、
情けないやらなんやらでほんっっとうに苦労しました。

しかしここから見事にあがり症を克服したのでした!

 

あがり症克服講師になる

大学卒業間際に

「このまま社会に出たら苦労するし、一生あがり症で苦しむのは嫌だ!!」

と思いあがり症克服しようと決意し、勉強し始めました。

 

片っ端から色々試しましたね。

  • 催眠療法
  •  イメージトレーニング
  •  セルフトーク
  • サブリミナル音源
  • 呼吸法

あとは

「人の目を気にしすぎだから気にしないようにしゃべるんだよ!」
とか
「目の前の人はかぼちゃと思って話すといいよ!」

など。

これらの方法ももちろん効果はあると思いますが、(ないものもある)

僕にはあまり効果を感じられませんでした。

 

それで色々調べてみると話し方教室なるものがあり、

もっちぃ
水泳と同じで実際に練習すればあがり症よくなるんじゃね?

 

と思い教室に通って見事克服しました!(展開はや!)

教室に来る人は皆同じあがり症という悩みがあり、それを共有できる人達だったので安心して話す練習ができました。

1年半くらいで克服したタイミングで

「講師やってみない?」

というお誘いがあり

「えええええええええ。自分が講師なんてできるわけない!」

と思いながらも講師になり2年と10ヶ月講師をやり、あがり症克服のお手伝いをしていました。(展開はや!)

 

フリーター時代

講師の仕事をしながら、それだけでは食べていけないのでフリーターをやってました。

とりあえずお金がいいということでコールセンターで働きました。

そこでは交通事故を起こした人の電話の初期対応の仕事で、
それはそれは覚えることが山住みで大変極まりなかったです。

それで1年もたたない頃に

「俺は守る仕事ではなく攻める仕事がしたい!!!」

と生意気心がムクムクと芽生え始め、攻める仕事を探した結果、今の実演販売に行き着いたのでした。

 

実演販売士

この業界のいいなと思ったのが

  • 年功序列ではなく実力主義
  • 結果で給料があがっていく
  • 守りではなく攻める

というところでした。

もっちぃ
喋りの仕事ってかっこいい!!

という思いで頑張り始めました。

 

仕事内容はホームセンターなどに行って商品紹介して売る仕事です(ざっくり)

あとはたくさんお客さんを集めて一気に販売したりします。

こういう仕事をDJ(クラブでサングラスかけているノリノリの人とは違います)というのです。

それで僕が本当にラッキーだったのが、この化粧品実演販売士で11年間日本一と言われていた東師匠に教えていただいていることです。

今でも東師匠に教えていただいていて、僕のダメなところをズバリと指摘してくださり、能力やメンタルなど様々な面を伸ばしていただいています。

 

今後の目標

今後の目標はフリーランスとして活動することです。

ずっと雇われて生きてきたので、雇われずに自分の力で稼いでいきたいですね。(ありきたりですが)

 

もちろん個人が価値を提供して人に喜んでもらい、お金をもらい生活できるレベルになるまでにはかなり大変で、苦労も多いと思うけど、チャレンジしてみたい。

今までの人生もどれも中途半端で何も成し遂げられなかった奴が夢見がちですが、
壁にぶつかりながらやっていきます!

 

そして僕のようにダメな人間が個人で稼げるようになれば
それは他の人にすごい希望になると思うんですよね!

そうなれるよう気合い入れてやってまいります!

 

そしてやはりあがり症で苦しんでいる人を救いたい!(上から目線かもしれませんが)

自分があれだけ苦労したし、あがり症を克服するだけで人生の負荷がかなり減りました。

余計なことで悩む必要がないですし、喉につまっていた魚の骨が取れた感じですね。

なのでそのあがり症克服のお手伝いも全力でしていきます!

 

まとめ

ということでダメ人間が本当に稼げる人間になるのか。

それとも挫折してさらにダメ人間になるのか。

ブログで稼げる人はほんの一握りですし、挫折してやめてしまうのも多い業界です。

その業界でどのように成長し自分の望むものを掴んでいくのか。

これから奮闘していきますので、読者さんに楽しんでもらえたらと思います!

 

もっちぃ
やってやりますぞー!!

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください