13. あなたのブログのセキュリティを強くする方法

こんにちは!

倉持です!

今回はXサーバーでSSLを導入してhttpsサイトにする方法を解説していきます。

・・・

 

いきなり英語ばっかりでよくわかんないですよね・・・。

 

簡単に言うとあなたのサイトをセキュリティの強いサイトにしちゃいましょう!

ということです。(ざっくり)

ということで早速いきましょう!

 

倉持
セキュリティ強化!!

スポンサーリンク

httpsとは?

 

「ってかhttpsってなんやねん!」

と思いますが、その疑問を解決していきます。

 

まずwebサイトには2種類あって

・http://00000

というサイトと

・https://00000

というサイトです。

 

違いはhttpの後にsがついているかいないかの違いです。

 

「なんだよそれだけかよ。」

 

と思うかもしれませんが、ところがどっこい。

このsがついているかいないかで月とスッポンほどの差があるのです!

 

httpsのsはSecureのsです。

 

Secureとは安全であるという意味なのであります。

つまりこのsがついていると安全なサイトという意味です。

 

 

スポンサーリンク

どう安全なのか

例えば最近はネットショッピングなどで気軽に買い物ができる時代になりました。(便利ですなー)

 

ネットで買い物するときに
・名前
・住所
・メールアドレス
・電話番号
・クレジットカードの番号

など入力しますよね。

普通に入力していますが、

もしこれらの情報を第三者が見ることができたとしたら・・・

 

めっちゃ怖いですよね。

 

httpのサイトはこれが第三者に読み取られてしまう可能性があるのです!!

あぁ恐ろしい!!

しかし、httpsのサイトはやりとりを暗号化してくれますので、
第三者が見ようとしても、暗号化されていて解読ができないのです。

 

倉持
暗号化の技術凄い!!

 

SSLとは?

この暗号化する技術のことをSSLというのです。

この暗号化するSSLを使っているサイトがhttpsのサイトになります。

 

例えて言うなら

httpのサイトはハガキでのやりとりであり

httpsのサイトは封書でのやりとりというイメージです。

 

ハガキに色んな個人情報を書いたら、それは郵便局の人や配達する人に見られてしまいますよね。

ただ封書でしっかりと封がしてあれば、配達の人も見ることはできませんよね。

 

なのであなたのサイトもしっかりとセキュリティを強化しましょうということです。

 

もうほとんどショッピングサイトではhttpsでセキュリティが強化してあります。

見分け方はURLを見てhttpsから始まっていれば大丈夫です。

 

こんな感じです。

 

なのでもしあなたが個人情報など入力する際はhttpsになっているか確認した方がいいでしょう。

 

 

グーグル様にも評価される

ということでもしあなたのサイトがセキュリティの強化がされていなかったら、

サイトを訪れてくれた読者さんはどう思うでしょう?

 

「この人に質問してみたいけど、セキュリティが強化されてない・・・やめよ」

となって知らず知らずのうちに読者が離れて行ってしまうかもしれません。

 

 

それを見たグーグル様はどう思うでしょうか?

グーグル様「倉持のサイトはお客様のことを全然考えてない!!!」

と言ってグーグル様に嫌われてしまうでしょう。

 

嫌った人間のサイトを検索結果で上位に表示するとはとても思えませんよね。

ということで読者の方にも安心していただけるよう、グーグル様に嫌われないようにするためにもしっかりとセキュリティを強化しましょう!

倉持
読者さんを思いやるのだ!

 

httpsのサイトにする方法

httpsのサイトにするメリットをわかっていただけたところで

早速httpサイトにするための作業をやっていきましょう!

 

ちょっと大変かもですが頑張っていきましょう!!

 

 

まずはXサーバーにログインします。

会員IDパスワードを入力してログインをクリック。

 

 

次にサーバーパネルにログインします。

サーバーパネルログインをクリック。

 

 

 

次にドメイン設定をクリック。

 

 

 

すると自分の持っているドメインが出てくると思いますので

httpsサイトにしたいドメインの横の選択するをクリック。

 

 

独自SSL設定の追加をクリック。

 

 

 

独自SSL設定を追加する(確定)をクリック。

 

 

そしたらこんな画面になります。

 

 

少し時間が経つとこんな画面になります。

この画面になったらいったんXサーバーの作業は終了です。

 

 

ふぅ・・・

 

 

次にワードプレス側の作業をしてきます。

まずはワードプレスにログインします。

ユーザー名パスワードを入力してログインをクリック。

 

 

 

設定タブの一般をクリック。

 

 

 

WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)というところを見てください。

URLがどっちもhttp://になってますよね。

 

 

これをhttp://からhttps://に変更します。

まぁhttpの後ろにsを追加するだけです。

 

 

 

httpsにしたら変更を保存をクリック。

 

 

 

するとまたログイン画面に戻りますので、

再度ユーザー名パスワードを入力してログインします。

 

 

ふぅ・・・

 

これでワードプレス側の作業は終わりです。

 

 

最後に再度Xサーバー側の設定をして終わりです。

あと少し頑張りましょう!!

 

 

 

それでは再度Xサーバーにログインします。

 

 

 

 

ログインしたらホームページの欄.htaccess編集をクリック。

 

 

.htaccess編集をクリック。

 

 

なにやら英語の羅列が出てきて恐ろしいですが大丈夫ですよ!

怖くないですからね(笑)

 

 

これからこの英語の部分を編集していきます。

編集すると言っても全然簡単です。

 

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L] </IfModule>

 

↑これをコピーして頭の部分に貼り付けます。

貼り付けたら.htaccessを編集する(確認)をクリック。

 

 

最後に.htaccessを編集する(確定)をクリック。

お疲れ様でしたー!!!!

やっと作業は終わりです!!

 

これであなたのサイトもセキュリティに強いサイトになりました!(パチパチ)

 

 

まとめ

ということで今回はセキュリティに強いサイトにするためにhttpsサイトにする方法をお伝えしていきました。

 

いやーー今回の作業は少しめんどくさかったですね。

英語たくさん出てくる部分もありましたし・・・

 

ただこの作業をしておくと読者さんも安心なので、読者さんを思ったらかかせない作業ですよね。

 

とりあえずゆっくり寝ましょう!!

 

倉持
お疲れ様でした!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください